ショッピング枠が使えない?教えて 現金化のこと

menu

ショッピング枠現金化の概要と手順

みなさんは「ショッピング枠現金化」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?
今回の記事ではこのショッピング枠現金化と言う行為の概要と手順について、そもそもクレジットカードはどんな仕組みなのか、と言う部分から紐づけて解説しますので、興味がある方はご一読ください。

▼ 目次

クレジットカード現金化の仕組み

まず一般的なクレジットカードの仕組みとして、利用者が買い物などに利用可能な「ショッピング枠」があります。
このショッピング枠は通常「カード決済」をすることで利用可能であり、利用限度額まで利用することができます。
カード払いの際に発生した支払代金はカード会社が一時的に立て替えて支払う形となり、後からカード会社が利用者の口座から引き落とすのです。

つまり、ショッピング枠でカード払いした場合、支払いに現金は発生しません。
みなさんご存知のことですよね。
利用者が現金を手にすることはないのです。
ここまでは正しく理解している人も多いですし、実際に問題なく利用している人も多いでしょう。
問題はここからです。

じつはショッピング枠の中には、「一定の金額までだったら現金の融資として利用可能ですよ」というサービスが含まれており、このサービスを「キャッシング」、その利用上限額を「キャッシング枠」と呼んでいます。
よく「キャッシング枠とショッピング枠は別物」と認識している人が多いですが、ほとんどのカード会社でキャッシング枠はショッピング枠に含まれています。
つまり、一般的に利用されているクレジットカードの「キャッシング」は、あくまでも「ショッピング枠の一部を現金として借り入れる行為」なのです。

この時点で、ある意味「ショッピング枠現金化」という言葉に該当しますよね。
しかし、今話題になっている、そして今回のテーマとなっている「ショッピング枠現金化」というのは、単純にカード会社から現金の融資を受ける「キャッシング」とは少し違うのです。

上記のとおり、クレジットカードはキャッシング枠までしか「現金の融資」を受けることはできません。
利用者の都合に関わらず、これはどうあがいてもあらがえない事実です。
しかし、ショッピング枠で購入した商品を転売して現金にしたら、どうでしょうか?
仮にショッピング枠を利用し10万円で購入した商品が、購入時と同じく10万円で他者に転売できたとしたら、実質的にショッピング枠が現金化したことになりますよね。
結果的にはクレジットカード会社から現金の融資を受けたのと同じになります。
もちろん10万円で購入して10万円で販売するのは至難の業ですが、換金率次第でキャッシングの利率以上に得をすることもあり得るでしょう。
これが今回のテーマである「ショッピング枠現金化」なのです。

現金化の手順

ここまで理解できれば、その手順もおおよそ見当が付きますよね。
基本的にはショッピング枠で買い物をして、それを売ることが手順となります。
実際に商品券や電子マネー、図書カード、新幹線の特急券など、さまざまなものが転売に利用されています。
インターネットや質屋などを利用するのが一般的です。
しかしこれはあくまでも自分で転売する場合の手順であり、最近は業者を利用して現金化を実現している人も多くなっています。
そして業者を利用する場合はその業者次第で手順が大きく変わってくるのです。
転売をサポートするような方法で営業している業者もありますし、利用者に販売した商品に付加価値を付けて現金化とする業者もいます。
業者ごとに現金化の方法はまったく異なりますので、業者の指示に従って動くことが手順と言えるでしょう。

ショッピング枠現金化のデメリット

最後にショッピング枠現金化をする上で無視することのできない「デメリット」についてです。
これは簡単に言うと、「違法行為に該当するリスクがあること」「カード会社の利用規約に反する可能性があること」「返済能力を超えてしまう可能性があること」です。
転売によってショッピング枠現金化を行う場合、その行為に「営業性」があると判断されると違法となります。
古物商の資格があれば別ですが、無資格者が無断で転売を頻繁に行うと違法になってしまう可能性があるのです。

カード会社の利用規約については、実際のところグレーゾーンとなっていることが多いですが、多くのカード会社は現金化目的でショッピング枠を利用してカード決済することを禁じています。
カード会社の利用規約を確認してからショッピング枠現金化を行うか否かを判断することをおすすめします。
場合によっては利用停止などの処分が下される可能性もあるでしょう。

最後の返済能力に関してのデメリットについては語るまでもないかもしれませんが、実際に現金を手にすると意識が甘くなってしまう人が多いものです。
ショッピング枠現金化をしたとしても、その現金はカード会社のお金を元手に得たお金ですよね。
カード会社に返済が済むまでは、借金をしている状態なのです。
この認識を忘れてしまうと、多重債務の入り口となる可能性も否定できません。

ショッピング枠現金化を行う際には、このようなデメリットがあることも踏まえたうえで、上手にメリットのみを得られるようにしなければならないのです。
また、現金化業者を利用する場合には信頼できる現金化業者を探し出すことも必要になり、その行動を怠ることで悪徳な業者に日かかってしまう事もあります。