ショッピング枠が少ないと感じる理由

menu

ショッピング枠が少ないと感じる理由

HOME » 現金化のコト » ショッピング枠が少ないと感じる理由

ショッピング枠を利用していて、利用限度額が少ないと感じる人は少なくないでしょう。
そんなときは以下のポイントが理由となっている可能性が高いです。
自分がどれに該当するかをチェックしてみてください。

「生活水準にカードが合っていない」
そもそも平均的な日本人の収入で、その収入に見合った生活を送っていれば、ショッピング枠が少ないと感じること自体が稀でしょう。
多くのクレジットカードはショッピング枠の上限金額が50万円前後ほどになっています。
しかしそれを使い切ると言うことは、それだけ利用者の収入が高く、より高い生活水準を維持している可能性が高いですよね。
利用者の生活水準にカードのグレードが合っていないことが理由と言えます。
この場合、単純にクレジットカードをゴールドカードかプラチナカードといった上位ランクのカードにアップグレードすることを検討するべきでしょう。

「返済能力を超えて利用している」
逆に平均的な収入の人が、ショッピング枠の利用限度額を少ないと感じるのであれば、その理由はシンプルに「借り過ぎ」の可能性が高いです。
ガス、水道、電気など、毎月の固定支出にカードを利用していたとしても、50万円前後までショッピング枠を利用しているとなると、かなりの収入がない限り自分の返済能力を超えた金額を借り入れてしまっている可能性は高くなりますよね。
これは要注意ですので、該当する人は返済計画を見直してみましょう。

「一つのカードに家庭の出費を全てまとめている」
一つのクレジットカードに毎月の出費をまとめているという家庭は少なくありませんよね。
固定支出はもちろん、食費や雑費、行楽費用、育児費用まで全てを一本化しているケースです。
もちろんこれは決して悪いことではありません。
カード会社からは優良なお客さんになりますし、毎月の収支が分かりやすくなりますので、メリットもあります。
しかし富裕層とまでは届かない程度の収入の家庭であっても、全ての出費を一つのカードにまとめることで上限額が少なく感じることはあり得るでしょう。
共働きの家庭ならば、世帯収入が50万円を超えていて、毎月の支出もそれなりになる可能性はあります。
この場合もやはりカードのアップグレードがおすすめです。