ショッピング枠とキャッシング枠の関係

menu

ショッピング枠とキャッシング枠の関係

HOME » 現金化のコト » ショッピング枠とキャッシング枠の関係

ショッピング枠とキャッシング枠の関係性について、正しい認識を持っている人は以外にも少ないものです。
普段からクレジットカードを多用する人であっても、誤認していることがあります。
今回は一般的なカード会社のショッピング枠とキャッシング枠の関係について、多くの人がどのように誤認しているのか、正しいのはどのような関係性なのか、解説します。

ますは多くの人がどのように誤認しているか、についてですが、これは「ショッピング枠とキャッシング枠は別物」という認識を持っている人が大多数です。
たとえばショッピング枠が50万円、キャッシング枠が20万円とした場合、ショッピングでのカード決済が50万円まで利用可能、キャッシングはそれとは別で20万円まで融資を受けられる、と認識してしまっているのです。
しかし、ほとんどのカード会社はそのような設定をしていません。

では正しいのはどのような関係性なのでしょうか?
これは簡単に言うと、「ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれている」と言えます。
ショッピング枠50万円、キャッシング枠20万円とした場合で、キャッシング枠のうち、40万円をカード決済で利用したとしましょう。
するとキャッシングで利用できるのは残りの10万円なのです。
逆にキャッシングで限度額まで、つまり20万円まで融資を受けた場合、ショッピングでカード決済に利用できるのは30万円となります。

もちろんカード会社もたくさんありますので、多くの人が誤認しているようにショッピング枠とキャッシング枠を別物としているカード会社も存在はしています。
しかし、それは本当に稀なケースで、多くの人が利用している一般的なカード会社はほとんどがショッピング枠の中にキャッシング枠を含めている形でサービスを提供しているのです。
ショッピング枠を総利用額と呼んでいるカード会社もあります。
総利用額とは本来ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた額なので厳密に言うと別物なのですが、実際はショッピング枠が総利用額とイコールになっていることが多いのです。