ショッピング枠増額の審査基準

menu

ショッピング枠増額の審査基準

HOME » 現金化のコト » ショッピング枠増額の審査基準

クレジットカードのショッピング枠は必要に応じて増額することが可能なのをご存知でしょうか?
もちろん不必要に増額することはおすすめしませんが、一つのカードに出費をまとめている場合などは増額する必要性がある場合もあります。
しかし、ショッピング枠を増額すると言うことはカード会社にとってもリスクのある行為です。
故に必ず審査があります。
この審査のさいにどのようなポイントが審査基準となるのか、今回はそのあたりを解説しますので参考にしてください。

「信用に足る人物か否か」
これが最大の審査基準と言えるでしょう。
カード会社からすると、増額することで高額な金銭を利用者に貸し付ける可能性が高くなります。
その借金をしっかりと返済してくれるか、その能力はあるのか、といった部分で信用できる人物なのかが最大の審査基準と言えます。
返済に滞りがあったり、滞納歴があったりするとその信用度は下がってしまいますよね。
破産歴などがあればなおさらです。
それだけではありません。
同じ会社に長く勤務しているか、というポイントも審査基準となる場合があります。
安定して毎月収入を得ているか否かが問われるのです。

「カード会社にとって優良客であること」
カード会社というのは、利用者がお店でカード決済をするとそのお店から手数料を徴収することが可能で、それを主な収入源としています。
つまり、カード会社はできるだけたくさんカードを利用してもらった方がもうかるのです。
カード会社にとってもっとも優良な利用者とは、「毎月利用限度額ギリギリまでカードを使用して、きっちりと返済を行っている利用者」なのです。
これを行っていると返済能力に対する信頼だけでなく、毎月カード会社の運営に貢献してくれている優良客であると判断されるようになります。
もちろん無理にカードを利用する必要はありませんが、カード会社としては使って返済してくれる利用者がありがたい存在であると言うのは頭に入れておくと良いでしょう。