ショッピング枠現金化できないときは

menu

ショッピング枠現金化できないときは

HOME » 現金化のコト » ショッピング枠現金化できないときは

ショッピング枠現金化をしようと思ってもできないときは、いくつかの理由が考えられます。

「ショッピング枠の利用限度額に達している」
ショッピング枠現金化ができないとき、おそらく一番多い理由となるのがこれです。

ショッピング枠には利用限度額が設定されていますよね。
カード会社によって利用限度額は異なりますが、50万円前後であることが多いでしょう。
すでにそれだけの出費をしていることになりますし、それはカード会社に対する負債でもあります。
もしもショッピング枠の利用限度額に達するまで既にカードを利用しているのであれば、それはカードの使い過ぎを意味している可能性が非常に高いです。
注意するべきでしょう。

また、多くのカード会社では、ショッピング枠の中に含まれる形でキャッシング枠を提供しています。
たとえば50万円のショッピング枠で20万円のキャッシング枠だったとした場合、50万円+20万円で合計70万円利用できるのではなく、50万円の中で20万円分はキャッシングで利用可能、というふうになっているのです。
ショッピング枠現金化をしようとする人の多くはキャッシング枠を使い切っていしまっている人が多いので、自分が利用したキャッシング枠の利用分も計算する必要があるのです。

「返済を滞納している」
クレジットカードは返済を滞納すると、利用停止になります。
約束通りにお金を返済しなければ、それ以上のお金を貸してくれないのは当たり前のことですよね。
これもショッピング枠現金化をできないとき、非常に多い理由の一つでしょう。
うっかり返済のための入金を忘れていたのであれば、すぐに入金するようにしてください。
もしもそのお金を工面できない状況なのであれば、ショッピング枠現金化を行うことを考え直した方が良いでしょう。
ショッピング枠現金化はあくまでも「現金を手にすることができる」というのがメリットです。
借金をすることには変わりありませんので、返済の見込みがないときに行うべき行為ではないのです。