ショッピング枠現金化のメリットとデメリット

menu

ショッピング枠現金化のメリットとデメリット

HOME » 現金化のコト » ショッピング枠現金化のメリットとデメリット

ショッピング枠現金化の唯一にして最大のメリットといえるのが、「現金を入手できること」です。
銀行口座にお金はあるけれど、なんらかの理由で引き下ろすことができない、そんなときにショッピング枠現金化という行為がメリットをもたらしてくれます。

ここで非常に重要になるのが、「銀行口座にはお金がある」という前提でショッピング枠現金化を行うべきであるというポイントです。
ショッピング枠現金化を行う際には、必ず「借金」が発生します。
カード決済をすることで現金化するわけですので、当然ですよね。
借金をする以上、返済計画は立てておかなければなりません。
銀行口座にお金がある状態、もしくはすぐに入金されることが分かっている状態、でのみ、ショッピング枠現金化を行うべきであると言えます。

ショッピング枠現金化のデメリットは、「カードが利用できなくなる可能性があること」「違法行為になる可能性があること」この二つがもっとも大きなものと言えます。
カードが利用できなくなる、というのは、ショッピング枠現金化という行為そのものが多くのカード会社で禁じている行為だからです。
利用規約に「現金化目的でカード決済することを禁じる」といった内容の文面が必ずと言って良いほど掲載されています。
これを違反すれば、カード利用停止となる可能性は大きいのです。
一度や二度のショッピング枠現金化であればカード会社もわからないかもしれませんが、頻繁に繰り返していればカード会社も怪しみますよね。
あまりショッピング枠現金化を繰り返すのはおすすめできません。

違法行為になる、というのは、自分で「転売」によって現金化した場合の話になります。
転売は営業性があると、古物商の有資格者でない限り違法行為になります。
営業性の有無については都度判断になりますが、やはり頻度の問題になりますので、注意が必要です。
業者を利用してのショッピング枠現金化ならば、今のところ利用者が罪に問われたことはありませんので、そういった部分が不安ならば業者に依頼すると良いでしょう。