ショッピング枠現金化の注意点

menu

ショッピング枠現金化の注意点

HOME » 現金化のコト » ショッピング枠現金化の注意点

ショッピング枠現金化と言う行為は、キャッシング枠を使い切ってしまい、それでもさらなる現金が必要とされる場合などにメリットが得られる行為です。
しかし、決して正攻法と呼べる手段ではないため、いくつかの注意点もあります。
今回はその注意点についての解説です。

まずもっとも注意しなくてはならないのが、「返済計画をしっかりと立てておく」というポイントになります。
ショッピング枠現金化を行う人は、現金が必要だから行うのが一般的です。
ショッピング枠現金化したとしても、その現金には用途がありますよね。
一端商品購入などをして現金化してはいても、カード会社に負債が生じるのは紛れもない事実なのです。
その負債をいつどのように返済するのか、そもそも返済することは可能なのか、しっかりと考えて判断してからショッピング枠現金化を行うようにしましょう。

次に注意するべきは「カード会社の利用規約や法律に反する可能性がある」というポイントでしょう。
結論から言うと、カード会社の利用規約に関しては、ショッピング枠現金化を行う以上、ほとんどのケースで利用規約違反となるでしょう。
カード会社にとって現金化目的でカード決済を行うことはリスキーなことですので、これを容認している会社はおそらく存在しません。
頻繁に現金化目的でショッピング枠を利用していると、カード会社にその事実が知られてしまう可能性があります。
そうなるとカードの利用停止などの処分が下される可能性が高くなるのです。

ここまではあくまでも「カード会社の利用規約違反」で済みますが、自分で現金化を行う場合、法律違反になってしまう可能性も出てきます。
自分でショッピング枠を現金化する場合、用いられる手段は一般的に「転売」です。
しかし転売と言うのはそこに営業性が認められる場合、古物商の有資格者でない限り違法行為になってしまうのです。
つまり無資格者が頻繁に転売を行うと客観的に見て「営業性がある」と判断され、違法行為として罰せられる可能性が生まれるのです。