ショッピング枠現金化の注意点 その2

menu

ショッピング枠現金化の注意点 その2

HOME » 現金化のコト » ショッピング枠現金化の注意点 その2

ショッピング枠現金化の注意点は「返済計画をしっかりと立てておくこと」「カード会社の利用規約や法律に反する可能性があること」この二点が最大の注意点と言えるでしょう。
しかし、実際はそれだけが注意点ではありません。
ショッピング枠現金化する際に業者に依頼する人も多いですが、この場合、ほとんどの人がインターネットで情報を仕入れ、業者を選んでいます。
ここが注意点になるのです。

インターネットの情報と言うのは、必ずしも真実とは限りません。
比較サイトや口コミサイトなどは非常に多いですが、そのサイトをランキング1位になっている業者が作成していることも考えられますよね。
業者が外注し、そのようなサイトを他社に作らせていることもあります。
あくまでも公平に、第三者が客観的な視点で作成しているサイトのみ、参考にするようにしましょう。

「リピーター率が高いです」といったような宣伝文句をうたっている業者にも注意が必要です。
そもそもショッピング枠現金化という行為は、本当に困った際に最後の手段として行うべき行為であり、必要なければ行うべきではありません。
必要ないのに借金をするべきではないことは当たり前のことです。
つまりショッピング枠現金化は、頻繁に行うべき行為ではないのです。
頻繁に行えば多重債務の入り口になる可能性が高くなるのはもちろん、カード会社にも換金目的でカード決済を行っていることが知られてしまう可能性が高くなります。

リピーター率が高いという言葉そのものはとても聞えの良いものですが、ショッピング枠現金化というグレーな行為で営業している業者については、道徳に反するものとなるのです。
「もともとグレーな業種なのだから」と言ってしまえばそれまでですが、実際にショッピング枠現金化を行う場合は自分で行うよりも業者に頼った方がメリットは大きいケースが多々あります。
少しでも良心的な業者を選ぶべきでしょう。

他にもショッピング枠現金化は注意点がいくつかあります。
自分でしっかりと調べ、考え、判断するようにしましょう。